ホーム > 進ちゃんの日記 > 奥利根釣行 パート14

奥利根釣行 パート14

2020年6月22日(月曜日)☁時々☂

今シーズン初の奥利根釣行は色々ありましたが、ほぼいつもの年と同じ

時期に行く事が出来た。

今回は前日の準備でボートを持ち上げた時、腰を痛めてしまい沢に入れ

るか分からない状態での出発となった。車に乗っていても痛くなったので

途中で休憩を入れながら現地に到着。腰の薬を飲みボートを下ろして本流

流れ込みに向かって出発。湖は満水状態、25分かけて流れ込みに到着。

満水のお陰で釣り場は近く降りた場所から釣り始めることにした。(腰を

痛めていたので助かった)(笑)

釣りの方はと言うと満水の為、大勢の釣り人が入ってるのか全然当たりが

無い状態が続いた。

 

 

          腰に左膝と痛いのに

          無理なポーズ(汗)

 

 

 

 

 

こんな良い場所なのに

岩魚の姿すら見えない。

 

 

 

 

       良い渓層だが当たりすら無い

       この辺りでやっと掛かったの

       がハヤだった(涙)

 

 

 

さらに上流に向かう事1時間、やっと自分にこの日初の岩魚29㎝

が掛かってくれた。 :-D

 

 

やっと釣れた29㎝の岩魚。

 

 

 

その後、弟にも31㎝が釣れその1つの場所で2人で4尾釣れた。

やっと釣れ始めたと思った時にはUターン場所直前だった。

 

 

 

          この日初の尺岩魚 :-D

 

 

 

最後の場所では幾つか岩魚の姿が見えたが釣れたのは1人1尾づつ運よく

自分の1尾が44㎝と2年ぶりの40㎝越えだった。

 

 

 

久しぶりの大物!(^^)!

 

 

 

ここを最後にお昼を過ぎたので釣り下ることにした。

 

        この場所は例年この時期は

        スノーブリッジの場所。

        今年は残雪は全然なかった。

        温暖化の影響があるのかな~?

 

 

 

数は釣れなかったが尺上2尾何とか釣れたのでホッとした。

魚釣りは難しいですね。いつになったら50~60㎝代が

釣れるかな・・・?

年、2度ほどの奥利根釣行では恐らく夢で終わるだろうね(笑)