ホーム > 進ちゃんの日記 > 奥利根釣行 パート10

奥利根釣行 パート10

2018年6月17日(日曜日)☀

今シーズン初の奥利根釣行は遂に念願のトレーラーでボートを

引っ張って行った。セフティーローダーで無いので前日のうち

に出発。ゲート前に到着したのが12時半。仮眠をとり4時起床。

少しするとぞくぞくと釣り人が来たのでゲートの開く6時まで

は釣りの話となった。ゲートが開きダムサイトに向かった。

今回は1番手だったので後れを取らないようにボートを下し

本流に向かって出発。ダムの水位が56%と少なかた為、小簿口沢

手前で係留。20分程歩いて釣り場に到着。

 

 

          本流の流れ込み

          迄20分程の旅。

 

 

 

それでもボートの出発時間がいつもより早かっ

たので30分程早く釣り始めることが出来た。

 

 

釣り場に到着。

梅雨時期とは思え

ない快晴の天気 :-o

 

 

はじめて30分程すると自分に38cmの岩魚が掛かったので弟に

も1尾目と思い暫らく良いところは譲ったがやっと釣れるとバレて

しまう状態が続いた。

 

 

 

             この日、最初の38cm岩魚。

 

 

 

 

 

 

 

こんな良い場所だが

中々釣れない。

 

 

 

 

 

               釣れなくても気持ちは

          良いですね。

 

 

 

 

そうこうしてる内に1個目のスノーブリッジ!

ここは走って下をくぐった。(汗)

 

 

 

 

          更に進むと今度は大きい

          スノーブリッジ!ここは

          諦めて釣り下る事にした。

 

 

 

 結局、ここまで来て弟は運が悪く3尾掛けるもすべて逃げられ坊主状態。

お陰で自分も1尾のみ。

時間が速かったので釣り下りに期待をした。1ヶ所目の大物をバラした

場所は釣れずに終わった。

 

 

次のポイントでやっと弟に

この日の1尾目小型だが掛

かった。

 

 

 

 

     1尾釣れると勢いに乗ったのか

     すぐに釣れるが今度は尺ハヤ。

 

 

 

 

 

次のポイントは行きがけにバラした

ポイント。今度はしっかり仕留めた。

38cmの岩魚。

 

 

 

 

         同じポイントで釣れた弟の

         38cmと自分の31cm。

 

 

 

 

このポイントでは自分にも31cmが掛かってくれた。気を良くして暫らくしてから

同じポイントを流すと今度は40cmを超える大物が掛かったが、針掛りが浅く目の

前でバレてしまった。(涙)

その後は、釣れない時間が有ったが、諦めたころに自分に31cmの岩魚が瀬の中で

掛かってくれた。

 

次のポイントで弟に釣れた

36cm。

このポイントでは自分に38cm

も掛かった。

 

 

 

 

             上の写真の場所で

             自分が最後に釣っ

             た38cmの岩魚。

 

 

 

 

その後、弟に26cm程の岩魚と最後にバックウォーターで36cmを釣り

納竿となった。

釣り上がって行った時はどうなるかと思ったが釣り下りで釣れてくれたの

で、自分が尺上ばかりを4尾と弟が尺上3尾と20cm代を2尾の計5尾

を釣ることが出来た。

数は少なかったが良い型が釣れてくれたので結果、楽しい釣行となった。

中々、釣り下りで釣れる事は無いので今回は運が良かった。

毎回、運が良ければよいのだが・・・(笑)

 

 

          楽しい思い出を有難う

          今回連れてくれた岩魚

          に感謝!!